Elmarit 19mm F2.8 TypeI

e0391491_21145710.jpg

 2007年に購入しました。

 私の場合、マウントアダプターを使いCanonのカメラに取り付けるので、制約がありました。
 当時、アメリカかどこかのサイトに、整合表が掲載されていました。

 LeicaRレンズのどのタイプが、どのカメラに合うか・・・
 が書かれていて、これを見ないで買うと、装着できない・或いは加工費が発生するのでした。

 このElmarit19mmの前玉は、巨大で、このあと先端が普通の物が発売されています。
 しかし、残念ながらそのタイプは、Canonのカメラに装着できないのです。価格も、旧の2倍ほどでした。

 長くなりますが、手持ちはCanon10Dで、換算1.6倍の画角となるAPS-Cセンサーでした。広角を使う私は、1mmでも焦点距離が短いレンズが欲しくて、探しました。

 が・・・、いずれも手が届かない価格。あきらめかけたのですが、その中でも一番安い店に、値下げ交渉を持ち掛けたのです。

 関東のお店でした。関西人の恥と抵抗はありましたが、欲しい気持ちの方が勝り・・・「〇〇円にしていただけませんか。」とメールを送ったら、快諾。入手できたのです。

 宅配便で届いたとき、思わず「きたか ちょうさん。待ってた ほい。」と口から出て、自分でもびっくりしたことを覚えています。
 子どもの頃ドリフターズを見ていましたが、私の価値観では、好ましくない部類なので、真似など一切したことがなかったからです。

 更に長くなりますが、Elmarit19mmが届き、撮影したら・・・
 ぐらぐら、ぐらぐら・・・
 『フルサイズで撮りたい』と言う気持ちが、最大となり、Canon5Dを購入してしまったのです・・・。

 ブログに載せた写真です。
 http://pyoshidas.blog36.fc2.com/blog-category-2.html

 何と179日、掲載しています。私のブログでは、一番よく使っていたレンズです。

by Fujileica | 2018-01-31 21:16 | Leica Rレンズ