Summicron 50mmF2 カナダタイプ

e0391491_19081830.jpg

 2003年か2004年、LeicaRレンズで初めて購入したものです。
 当時、RLFC (R-Leica Fan Club) があり、書き込みの所で「どのレンズを購入したらいいか」と尋ねた時の、答えとなったものでした。

 カナダタイプは、以前の物に比べて現代的な写りでした。
 「50mmにはじまり、50mmに終わる」と教えられ、私の室内撮り、特に犬撮りに大活躍したレンズです。

 今のブログになってからは、掲載は少ないのですが、載せています。
 http://pyoshidas.blog36.fc2.com/blog-category-18.html

 このレンズ、人の手に渡りMINOLTA・SONYのαマウントとなって、数年後に一時帰宅した時に、撮ったものです。
 http://pyoshidas.blog36.fc2.com/blog-category-276.html

 ・・・このレンズに限ったことではありませんが、暗いところなどの条件が悪い所で、真価を発揮します。
 素材・コーティングなど、かなりのこだわりの結果でしょうか。

by Fujileica | 2018-02-01 19:09 | Leica Rレンズ