Leica R7(シルバー)

e0391491_14260207.jpg

 LeicaR7です。R5のマイナーチェンジです。
 ブログのカメラの写真が、正面ばかりなので上からの写真を載せました。R5同様、1/2000のシャッターがあります。

 カメラは、カメラ屋で購入しましたが、レンズとのセットでした。2012年か2013年頃かと思いますが、確かレンズは、Summilux50mmF1.4か、MacroElmarit60mmF2.8がついていました。当時、レンズ2本はともに持っていたので、知り合いに伝えて、ボディとレンズを分けての購入でした。

 ・・・カメラはブラックが良いか、シルバーが良いか・・・
 好みと、機種にも寄りますが、反射しそうですがシルバーは、とても落ち着きます。街中でも、若干・・・目立たない気がします。

 ・・・2003年ごろ、カメラ好きの中では、フィルム一眼レフカメラ>デジタル一眼レフでした。
 画素数にしても、フィルムの方が圧倒的に数値は高かったです。
 個人的には、フィルムマジック効果で、フィルムでの写真を好んでいました。

 デジタルの画素数が、600万から1200万、2400万、3600万画素とおおきくなってくると、嘗ての中判カメラと比較されるようになってしまいました。

 いまや、フィルムカメラは少数派です。フィルムの種類も減り、価格も高く、現像代も値上げ、加えてしてくれる所が減っています。
 嘗ては、スーパーやディスカウントショップでも、フィルムは売っていましたが、今やカメラ店でも置いていないところ、あっても種類は少しの所が多いです。
 
 昔からフィルムカメラで育った世代も、高齢化でMFでのピント合わせが出来なくなっている人が多いです。 
 ・・・順当ならば、LeicaR8・R9と使うはずでしたが、Rシリーズは終了してしまいました。

 単に機種の製造終了だけでなく、フィルムそのものを使うことも含んでいるようです。
 5年ほど前に、カメラ屋の店長が盛んに「Xデー」を語っていました。フィルムそのものの終了・・・これがいつ来るのか・・・

 私もRシリーズは、レンズは使い続けますが、ボディに関しては今後の可能性も含めて、かなり低いです。
 もしかすると、本当に懐かしさゆえに、思い出としてフィルムカメラを使うようになるのかもしれません。

by Fujileica | 2018-02-10 07:24 | Leica Rボディ

趣味のデーターベースと言った所です。


by Fujileica